ペット保険とは

ペット保険とは、大切なペットが病気やケガで診療や手術を受けた場合に、
かかった費用を限度額や一定割合の範囲内で補償する保険です。
ペット保険を扱う会社も増えて、支払う保険金の額や補償内容も様々です。
契約を検討されている方は、ペットの種類やご自身のライフスタイルに合ったものを選ぶようにしましょう。

猫の事例:
『健康そのものだった猫が突然皮膚炎に...!』

猫が寝転がっている様子

4歳の猫を飼ってます。
健康そのものでしたので保険は必要ないかと思っていたのですが、たまたま目に入った広告を見て、お守り的な気持ちで申込みしました。
そう思っていた矢先、猫が皮膚炎を患わってしまいました。
今回初めて保険金を請求することになりましたが、お手続きもスムーズで、申込んでよかったと思いました。

契約プラン
あんしんペット保険 Lプラン

犬の事例:
『費用の心配をせずに済んで良かった!』

犬が仰向けで寝ている様子

契約して間もなく犬が誤飲してしまった為、手術をしました。
手術の費用の心配をせずに済み、本当に入っていてよかったと思いました。
また、対応も早く、1週間ほどで入金していただきました。
ありがとうございました!

契約プラン
あんしんペット保険 Mプラン

ペット保険はなぜ必要?

たとえば、こんな病気になったとき...

  • おもちゃを飲み込んだ!

    異物誤飲

    治療費合計

    497,000

  • いつもよりトイレ回数が多い...

    尿管結石

    治療費合計

    420,000

  • バイクとぶつかった!

    交通事故で骨折

    治療費合計

    520,000

  • 歩くのも痛いみたい...

    椎間板ヘルニア

    治療費合計

    343,000

さらに高額になる
ケースも...

食欲もなく元気もない様子...

胆管肝炎

治療費合計

930,000

動物病院での治療費は
100%自己負担!

ケガ・病気や治療費は参考例であり、平均・水準を示すものではありません。また治療費は動物病院によって異なりますのでご了承ください。

ペットも年齢を重ねると、
病気になりやすい

病気の発症率

ヒトと同じように、近年ペットの長寿化とともに病気やケガのリスクが上昇します。
当社のペット保険の保険金請求率においても、ペットの年齢とともに治療を受ける割合が増加しています。

お支払い事例を詳しく見る

お支払い事例を詳しく見る

ペット保険を契約すると
どうなるの?

ペット保険を契約するとたくさんのメリットがあります

  1. 1

    治療費の負担額
    減ります

    ペット保険が補償内容に応じて、かかった治療費の一部を負担します。

  2. 2

    治療方法の選択肢
    広がります

    自己負担額を抑えられるため、経済的な理由であきらめることなく高度な治療方法を選択できます。

  3. 3

    早期治療・早期回復
    つながります

    治療費負担の不安が少ないため、早めに動物病院に連れていきやすくなり、病状などが軽くすみます。

R211907114