犬の愛情表現

犬寝る

いつもいっしょに過していると、気付かないこともありますが、犬は常に大好きな人に対して愛情表現をしています。よく知られているもの、あまり知られていないものをご紹介します。

しっぽを振る

嬉しければ嬉しいほど尻尾の振り方が激しくなります。
円状に尻尾を振り回しているような状態の時が最も嬉しいときです。

お腹を見せる

犬 お腹見せ

お腹は犬にとって急所です。そのお腹を見せるということはあなたを信頼している証拠です。大好きな人にかまってもらいたい、撫でてもらいたいという表現の場合もあります。

じっと見つめる

特に目がキラキラして口元が緩んでいる状態は、犬の笑顔です。笑顔で見つめている時は、「一緒にいれて嬉しい、楽しい」と思っています。この時は笑顔で犬を見つめてあげてください。

ピョンピョン飛びつく

犬 笑顔

遊んで欲しい、嬉しい時の愛情表現ですが、注意が必要です。
中型犬以上のワンちゃんでしたら、人を倒してケガをさせるかもしれません。また、小型犬の場合、潜在的にパテラ(膝蓋骨脱臼)を抱えているワンちゃんが多く、飛びつく時に膝に負担がかかってパテラを発症しやすくなります。飛びつきのひどいコは、「おすわり」のしつけを強化させる等をして、対策をしましょう。

口元をペロペロなめる

イヌ科の動物が示す親和行動、愛情表現です。愛犬が、あなたのことを、好きで好きで、たまらないからペロペロ舐めまわすのです。
しかし、口をなめさせると感染症の原因になる可能性がありますので、あまり長い間なめるようならやめさせるようにしましょう。



飼い主さんの匂いがついているものの上でリラックスする




安心 犬

脱いだ服や使ったタオルの上で眠ったり、くつろいでいたら飼い主さんのことを大好きだというメッセージです。大好きな人の匂いを嗅いで安心しています。


お尻を向ける

背後というのは犬にとっては死角です。そこを向けるということは信頼しているという証拠です。人間からも犬にお尻を向けてあげましょう。これが犬式の挨拶でもありますから。

体をくっつけて眠る

リラックスして、信頼しているポーズです。飼い主がいることでワンちゃんは安心感を得ようとしています。



見上げる



飼い主さんの目をよく見上げる犬は飼い主さんをリーダーとして認め、指示がないか確認している証拠です。


あなたのワンちゃんはどんな愛情表現をしてくれますか?
今度、じっくり愛犬を観察してみてはいかがでしょうか。新たにワンちゃんの愛情表現を見つけられるかもしれませんね。



R211907143